blog -ブログ:楽しいことと勝つこと-

2014.09.01

楽しいことと勝つこと

a140901

9月になりましたね。最近涼しくて過ごしやすいし、どうもぼんやりしがちです。
石井です。
ぼんやりついでに、ぼんやりしたこと書こうと思います。

私はたぶん、自分で実感しているよりずっと生きていることに感謝していると思う。
だから真面目にちゃんと生きていけたらいいなと真剣に思っていて、以前何か内輪のパーティーで酔った時に「皆で人生のスローガンを書こうぜ!」的な感じになり、その際私は、
命を使いきる
と書いたのだけれど、重い!と言われてドン引きされるぐらいには真剣である。

そんな私が最近よく考えるのが、「人生を楽しむ」という言葉と「勝ち組になる」とか「勝ちにいく」という言葉だ。
言葉としては、どちらも大変ポジティブで意味はあるかなと思うのだけど、たぶん共感はできていない。

楽しいことはいいことだ。辛いことや苦しいことを楽しもう、楽しくやろうと考える思考も大切だ。
でも人生はどうしても「楽しまなくてはいけない」のだろうか。
私はちゃんと生きれればそれでいい。
楽しい時は楽しく、苦しい時は苦しく真正面から受け止めればいいと思っている。

勝つことも大切だと思う。
ただ本当のところ、勝つことより、無用な争いをしないことや、たとえ負けるとわかっていても必要であれば戦うことの方がより大事な気がする。
そう考えると私が今まで自分で「戦った」と思えることは、ほとんどが自分との戦いか何かを守るための戦いだったように思う。
そこに至ってようやく、守るものの大きさが戦う力になるのだな、と腹おちしたのだ。
人生において大事なことを悟るのが、いつも人よりちょっと遅い気がしている。

つい先日私にはもうあと少しだけ勝たなければいけない複数の理由ができた。
戦うこと自体は嫌いではないのだけれど、勝つための戦いはやはり楽しむ気にはならない。
ただ、おそらく、私は負けない。

さて、戦の準備を始めよう。

 

 

2014年9月の最近あった良いこと――
弟が高価な体組成計をプレゼントしてくれた。

書いている人:アジナリスタ石井
東京都杉並区を拠点に活動しているフリーランスのWebデザイナー
特に知的・インテリ系のウェブデザインが得意。情報サイトの設計・制作が好き。
最近鏡を見ると、目が虚ろ。

> 一覧に戻る    Category: